tel:072-959-8933
MENU
WEB予約

ブログ

Blog

赤ちゃんを虫歯にさせないために

 

ミュータンス菌という菌をご存じですか?

 

別名「むし歯菌」とも言います。ミュータンス菌は食べ物や飲み物の中に含まれている糖分からネバネバしたプラーク(歯垢)をつくだし、その中でどんどん増殖し、酸をつくります。 この酸によって歯からカルシウムが溶け出し、むし歯になるのです。

 

実は、生まれたばかりの赤ちゃんにはこのミュータンス菌は存在しません。

 

ミュータンス菌は硬い歯がないと生存できないので、歯が生えてきた生後約1才半から2才7か月くらいまでの時期を”感染の窓“と言い、この時期を過ぎるとその後は虫歯菌に感染しづらくなります。
この時期にミュータンス菌に感染させないことで子供の生涯の歯を守ることに大きく影響します。

 

では、大切な子供を感染させないためには何に気を付けるといいのでしょうか。

 

 

ミュースタント菌の感染経路は一つだけです。

お母さんや周りの人の唾液を通して赤ちゃんに伝わります。

 

まず、一番してはいけないことはスプーンなどの食器の共有です。

空気感染はしないので熱い食べ物を冷ます際にフーフーするのはいいのですが、その際に唾液が飛んで感染の恐れはあるのでなるべく控えた方がいいでしょう。

食べづらいものを噛み砕いて細かくしたものを与えることも唾液感染の恐れがあるので止めておきましょう。

 

また、赤ちゃんの口にキスをすることも感染を防ぐためには控えた方がいいでしょう。

 

 

しかし、ミュータンス菌に感染したといっても、あくまで虫歯になるリスクが高くなるということです。

虫歯にならないためには日々の歯磨きやケアが大切です。

子供の将来のためにしっかりと対策をし、定期健診にも通いましょう!

 

 

🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀

 

 

 

当院では広々としたキッズルームを完備しております。👇

 

 

 

 

また、離れるのが不安なお子様には診療チェアーの隣にもキッズスペースを用意しております。👇

 

 

 

「歯医者嫌いにさせたくない」「小さい子供を連れての診療が不安」

そんな不安をお持ちの皆様、是非SAYA Dental Clinicへお越しくださいませ (^▽^)/🍀

 

当院の公式インスタグラムを開設いたしました!

↓↓↓

https://instagram.com/sayadentalclinic?r=nametag

医院の情報や休診日など当院の色々な情報を公開してますので、是非覗いてみてくださいね!

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ